医療法人社団 かん小児科

ちっちゃな元気を応援します。予防接種・アレルギー・小児科疾患一般など
静岡市葵区長沼 医療法人社団 かん小児科

EPARK

初診の方はこちらから↑↑
再診の方は「予約について」の
ページからご予約ださい。

 

Q&A・クイズ 12月

Q&A・クイズ 12月

クイズ・なぞなぞ 12月

① 健康クイズ


【問題】

Q1.人間には5つの感覚があります。視覚(見る)、聴覚(聞く)、触覚(触る)、嗅覚(臭う)、味覚(味わう)です。
   これらの5つの感覚のうち、人間の一生の中で、最も最初に発達し始め、しかも衰えるのが最も遅い感覚
   はどれでしょう。


Q2.普段から疲れを感じている人は、食事の回数を変えるだけでも改善することがあります。
   疲労回復につながる食事の仕方はどんなものでしょうか。

   A.1日1回だけしっかり食べる。
   B.1日2回にして、それぞれしっかりと食べる。
   C.1日5回以上に分けて、少しずつ食べる。


Q3.慢性的な肩こりや腰痛に悩まされている人がたくさんいますが、肩や腰が凝った時、
   慢性化しないための適切な処置は何でしょうか。

   A.じっくり温める。
   B.しっかり冷やす。
   C.しっかりマッサージする。


【答え】

A1.触覚;赤ちゃんがお母さんのお腹から出てきた後、すぐにお互いに肌を触れあうと、赤ちゃんもお母さんも安心し、
       穏やかな表情になりますね。そしていくつになってもスキンシップをすると穏やかな気持ちになれます。


A2.C;食事の間隔が空くと急激な血糖値の上昇を招きやすくなります。
     体は急上昇した血糖値を下げるために大量のインスリンを分泌しますが、その結果血糖値が急降下して、
     イライラしたり、集中力が低下して眠くなったりすることもあります。
     お腹が空いたらこまめに食べ、血糖値をゆるやかに上げると疲労回復につながります。
     ただし1日の食事の総量は増やさないように気をつけましょう。


A3.B;野球の投手が肩や肘をアイシングしているのを見たことがありませんか?
     投球後のアイシングは筋肉の炎症を抑え、疲労を取る目的があります。
     肩こりや腰痛もまさに同じ状態ですので、冷やすことで炎症を抑えるのが効果的です。
     温めると心地よいですが、一時的に痛みを和らげることにしかならず、むしろ症状を長引かせる原因になります。
     体を使う前には温めるとよいですが、使った後は冷やすとよいでしょう。



② なぞなぞ

【問題】

Q1.「リンリンリン」と音を鳴らして走っているのは何?

Q2.夏になるとみんながよく食べているイスは何?


Q3.羽(はね)も梯子(はしご)もプロペラもないのに空にのぼっていくのは何?

Q4.
進んでも進んでも元のところに戻ってきてしまうものは何?

Q5.逆立ち(さかだち)すると野菜になる海辺にあるものは何?

Q6.後ろにさがる程強いものって何?


【答え】

A1.三輪車(さんりんしゃ)
A2.アイス
A3.煙(けむり)
A4.時計(とけい)
A5.砂(すな);逆さまから読むとナス
A6.綱引き(つなひき)




 

2017-12-04 16:21:01

Q&A・クイズ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント